卒業生インタビュー≪児谷拓希選手≫

March 23, 2020

三日連続のインタビュー更新も本日で最終日となりました。

最後を締めくくるのは元キャプテン、児谷選手です。

 

 

 

Q. まず、サッカー部での思い出を教えて下さい。 

 

A. 各学年の時に携わって頂いたスタッフ、先輩、同期、後輩、マネージャーとの4年間の出会いをキッカケに全てにおいて成長出来たことです。

 

 

 

Q. この4年間で一番うれしかったことは何ですか?

 

A. 学生最後のシーズンにリーグで優勝できたことです。

 

Q. では、悔しかったことは何ですか?

 

A. 練習中に坂蒔拓巳にボールを奪われる度、叫ばれ続けたことです。

 

 

Q. 自分的一番というプレーはどれですか?

 

A. 2年次の前期リーグの京都教育大学相手に決めた直接フリーキックです。

 

Q. 在学生部員にメッセージをお願いします。

 

A. 学生として、またサッカー部員として、悔いなくやりきる事が今後の人生において生きてくると思います。京都外国語大学サッカー部での経験は「森羅万象すべて教訓」でした。僕も負けないように頑張ります。また、OB戦等で会えるのを楽しみにしています。

 

Q. ありがとうございます。

  それでは最後は、同期へのメッセージでしめていただけますか?

 

 

A.  入れ替わりや留学等で4年間やりきる事が難しい中、最初から最後まで共に過ごした時間はかけがえのないものでした。少ない同期でしたが、サッカーだけでなく様々な分野において支えてくれた2人には本当に感謝しかありません。 また、2人だけでなくチームが苦しい時に力を貸してくれた同期のメンバーも本当にありがとうございました。

 

 

インタビューのご協力ありがとうございました。

 

ピッチ内外、いつでも頼りになったひろきさん。

 

キャプテンとして、一人の人間として、本当にしっかりされているなと話すたびに感じさせられました。入部を決めて「ありがとう」と笑顔で握手をしてくれるキャプテンは、全国のサッカー部を探してもなかなかいないと思います。ついてきてよかったと思わせてくださってありがとうございました。

 

あらためて、ご卒業おめでとうございます。

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

Follow us

© 京都外国語大学体育会サッカー部.  Proudly created with Wix.com

最終更新 5/30/2019  

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now